FC2ブログ

岩手県理容生活衛生同業組合

“やくらいガーデン&細倉マインパークの旅”( 北上支部 )

当支部では、9月24日(月)大型バスを貸し切り、24名の参加で「やくらいガーデン&細倉マインパークの旅」の日帰り旅行に行って来ました。 
早朝8時にバスに乗り込み、いつものごとく支部長挨拶、相談役千田民男氏による乾杯!”で宴会モードに突入。一年に一度の日帰り旅行、一路高速で宮城県北へ。
 古川インターを降りて“やくらいガーデン”へ・・・ファミリースキー場のリフトもあり、山の斜面が緑で開けた素晴らしい景観。季節ごとに咲く色とりどりの花が日々の疲れを忘れさせてくれる北海道の富良野のような所。庭園高台にあるチャペル前では、それぞれがふざけてペアとなり、若かりし頃に思いをはせ写真に納まり、そしてレストランでは、外の緑を見渡しながらランチバイキングをたっぷりと楽しみました。
 その後、“伊達な道の駅”での買い物。当日は休日、沢山の人が地元の野菜を買ったり、飲食等を楽しんでいました。
 そして“細倉マインパーク”では、1,200年の歴史がある細倉鉱山の当時の作業風景や展示物を見て、作業の大変さを実感してきましたが、坑道の中は14℃と寒いくらいでした。真夏に来たら気持ちが良かったかも知れませんネ!
今日は行きも帰りも、バスの中では大盛り上がりで楽しい一日を過ごすことができました。最後には恒例の“星影のワルツ”を皆さんで大合唱してお別れです。大変お疲れ様でした。

                     北上支部組織部長  高橋千枝子
スポンサーサイト

北上支部 理容ボランティア in 萩の江

北上支部では、9月の第2月曜日『理容ボランティアの日』に合わせて
市内の障がい者施設「萩の江」にて利用者さん60名をカットさせて頂きました。参加者17名でした。
 また沢内地区でも米澤幸子さんと照井ユキ子さんが「特別養護老人ホームぶなの園」で11名のカットを行い
施設に22,000円を寄付しました。
ジョークで笑わせてくれる利用者さんや、気持ち良くて歌い出す方も♫私たちも終始笑顔で楽しい時間でした。
 「利用者の方々は普段、外部の人達と話す機会があまり無いので、年に1度皆さんとお会い出来るのを
とても楽しみにしています。」と嬉しい御言葉を頂きました。
この活動は今年で10回目となります。地域の社会貢献の一環として今後も引き継いで行きたいと思います。

北上支部広報部 佐藤 貴征



地域活性化連携事業 モデル事業 in 山田

去る9月3日、県生活衛生同業組合との連携で2020年からの展開を目指す、
「交流サロン型サービス(ライフアップ・プラザ iwate)」のモデル事業が山田町にて開催されました。
山田地域の高齢者の皆様に参加していただき、理容、美容、中華、飲食各組合が
それぞれシャンプー講座や若返りメイク、中華料理、太巻き講座などを行います。

画像1


まず、モデル事業開催前に経営等情報交換会が開かれ、
講師を招いての生衛業経営の在り方講演や、経営や働き方改革等に関する情報提供、共有が行われました。

画像2


画像3

その後場所をうつしてモデル事業開催。
宮古支部の黒田、星の両氏を山田支部がサポートする形でのシャンプー講座でした。
和気あいあいとした空気の中、各組合の講座を経て関係者も交えての試食会。
参加者の皆様はにこやかな笑顔を湛え、まさに「実りある」という言葉がピッタリなイベントとなりました。


中央ブロック会議~久慈支部・えぼし荘~

平成30年度中央ブロック会議は、8月27日九戸郡野田村えぼし荘において開催された。
久慈支部皆川聖人事業部長の開会宣言で始まった。
久慈支部吉田勉支部長は、「いつ災害が起きてもおかしくない状況にあります。日頃から備え気を付けていきましょう」と挨拶をした。
P8270001_convert_20180829155634_20180829160830528.jpg

つづいて、湊理事長からは、西日本豪雨において特に被災された広島、岡山、愛媛の各県にお見舞いを送った。
東日本大震災、台風10号と2度自分は被災して、実際にあってみないとわからないことがいっぱいある。被災していない人は命を守るということが薄れていると話した。
被災した多くの組合員も今年を目途にほぼ本設が開設される。復興しただけではなく今後は、いかに豊かになるかが課題である。
自身の店は、交通の便もよくなり、遠方からのお客様も来てくださるようになった。
今後は消費者にアピールできる用な、売り上げを伸ばす努力をしていかなくてはいけない。
そこで、今年度組合で行われる『収益力向上セミナー』にぜひ参加してアイデアや情報を収集してほしいと結んだ。
P8270005_convert_20180829155700.jpg

参加支部、盛岡、紫波、雫石、二戸、そして最後久慈と各支部出席者の紹介、菊池事務員による共済説明が行われた。
その後は、出席者全員でバスで野田村保健センターへと移動した。
震災の様子を語ってくださった語り部の吉田さんは久慈支部組合員の吉田進悦さんの兄弟ということでした。
平成23年3月11日野田村の震度は5弱、東京は5強であったことから津波さえ来なければ、こんなに被害は出なかった・・・
野田村は現在新たな堤防をの建設をしており、第1堤防 防潮堤(海抜14m)、第2堤防 建設海岸堤防(三陸鉄道北リアス線・国道45号線)(海抜7.8m)、第3堤防 盛土(海抜8~12m)新設中とのことだった。
P8270010_convert_20180829160029.jpg
震災前とは、野田村は人口も街並みも大きく変化していた。

その後は、移動して涼海(すずみ)の丘ワイナリーへ
こちらは、野田村産山葡萄を使ったワイナリーで工場見学や試飲を楽しんだ。
全て手作りのセラーでマリンローズ鉱山旧坑道に貯蔵されるワインもある。
P8270012_convert_20180829160117.jpg
20180827_122148_convert_20180830100256.jpg   20180827_121445_convert_20180830100217.jpg

また、会場をえぼし荘に戻し各支部の防災対策が話された。
二戸支部槻舘さんから西日本豪富災害時において被災地から、汚れをふくため等に使う汚れたタオルが欲しいと連絡があり、タオルと石鹸を送った。
災害の状況に応じて必要なものが変化して来る。すぐ対応していかなければいけないと話した。
紫波支部の瀬川さんは、東日本大震災時に、電気の供給がおくれて不便をしたことから、店舗に発電機を購入した。また、店に自分がいなくなったとき停電になっても対応できるように、毎年震災の日には、従業員全員で使えるようにしている。
湊理事長からは、理容椅子が理容店にとっては高価なものなので、浸水の恐れがある時は、ブロックで上げ水を通さないブルーシートを2枚重ねて理容椅子をくると良いとアドバイスをくれた。

そして、その後はお楽しみの懇親会
ヨーヨーや  
P8270015_convert_20180829160221_20180829160827875.jpg
踊りの披露があり
P8270018_convert_20180829160251.jpg

その後は、参加支部代表者によるのど自慢大会
P8270020_convert_20180829160330_20180829160829b28.jpg
(十文字チキンカンパニーのCMソングを歌う東野さん)
鐘を鳴らすのはAIロボットでした。

とても楽しい懇親会でした。
久慈支部のみなさんありがとうございます。お疲れさまでした。
次の3年後の中央ブロック会議は盛岡支部となります。


組織部主催女性ソフトバレーボール大会

7月30日ふれあいランド岩手において第39回組織部主催女性ソフトバレーボール大会が行われました。

IMG_7701_convert_20180810161804_2018081709091457d.jpg


5チームの参加
猛暑の中その暑さにも負けない戦いが繰り広げられました。

IMG_7775_convert_20180810162000_20180817090918c98.jpg

IMG_7773_convert_20180810161936_201808170909174da.jpg

IMG_7758_convert_20180810161906_20180817090916bbd.jpg


結果
結果


優勝 盛岡チーム
IMG_7798_convert_20180810162051_20180817090921cbc.jpg

準優勝 北上チーム
IMG_7800_convert_20180810162124_201808170909233c1.jpg

3位 紫波チーム
IMG_7802_convert_20180810162203_20180817090924b3a.jpg

釜石&気仙チーム
IMG_7796_convert_20180810162029_20180817090920c4c.jpg

東磐井チーム
IMG_7806_convert_20180810162243_20180817090926727.jpg
次のページ

FC2Ad