FC2ブログ

岩手県理容生活衛生同業組合

 紅葉が深まり、親睦も深まる紫波支部員!

10月22日(火)支部員同士の親睦をより一層図るため支部旅行を実施しました。

参加人数は紫波支部員15名。目的地は青森。今年のテーマは「青森を代表する紅葉の名所の散策で親睦を深める!」です。

弘前城の菊祭り、中野もみじ山、専門ガイドと歩く禅林街を堪能してきました。

バスで移動。集合場所では雨でしたが、普段の行いが良いのか青森に入ると降っていた雨も止みとてもよい気候となりました。

中野もみじ山というと!?あまり県外の方には聞いたことのない所のようですが、青森県民には紅葉の名所というと「中野もみじ山」という程有名場所なそうです。

中野もみじ山は、もみじ・滝・渓流があり小嵐山と思わせる程ステキな景色でした。少し紅葉には早いような気がしましたが樹齢約600年の大杉や樹齢約200年のモミの木はとても太くみごとでした。1時間ゆっくりと散策しながら、支部員とたのしい時間を過しましたよ。

弘前城植物園の菊祭りでは、菊一色。豪華絢爛な菊人形や、欧米の庭園に良く見られる動物などをかたどった菊のトピアリー、丹精込めて造られた大輪、中輪、懸崖などの香り高い菊花が見事に咲き、とても見ごたえがありました。

禅林街の散策では全国でも珍しい同一宗派の寺院が33件も並んでいる曹洞宗の寺院。ガイドさんの解説されながら約1時間散策しました。

どうして33件も同宗派の寺院が集まっているのか!?と聞くと、昔、2代藩主信杖が、弘前城の南西(風水でいう裏鬼門の方位)の砦として、1610年に津軽一円の主要寺院をこの地に集め、曹洞宗三十三ヶ寺が作られたそうです。弘前城が攻められも守れるように砦ということのようです。歴史の勉強にもなりました。

参加した佐藤順子さんからは、とてもよい景色でした。もみじの色は後もう1週間遅かったらもっとよかった。お寺も歴史も勉強なり、普段なかなか会うことの無いみなさんと、たのしくお話ができました。と、親睦を深めた感想を頂きました。

今年の紫波支部・親睦旅行は青森で。紅葉を見ながら、寺院を散策しならが、支部員同士親睦を深めてきました。


紫波支部旅行小
紫波支部  藤戸 義明
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://riyoiwate.blog.fc2.com/tb.php/24-c082930e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad